基本情報技術者試験対策 その11

ライブラリの種類

ソースライブラリ

プログラムのソースコードの状態で提供される。
利用者が内部処理を確認できたり、ソースコードを改良できる。

 

スタティックリンクライブラリ

プログラムをコンパイルしたオブジェクトの状態で提供される。
単独で実行できるが、ファイルサイズが大きくなる。

 

ダイナミックリンクライブラリ

外部のアプリケーションから直接呼び出して利用できる。
ファイルサイズは小さいが、単独で実行できない。

 

クラスライブラリ

オブジェクト指向言語において、汎用的機能を持つクラスの一群を1つのライブラリにしたもの。

 

階層ディレクトリの概念

ルートディレクト

階層の最上位のディレクト

 

サブディレクト

ルートディレクトリより下位のすべてのディレクト

 

カレントディレクト

現在作業中のディレクト

 

ディレクト

あるサブディレクトリの1つ上位のディレクト

 

絶対パス相対パスMicrosoft Windows

絶対パス

ルートディレクトリを基準に、目的のファイルへの経路を指定する。

¥ data ¥ 文書

¥ :ルートディレクト

data:「文書」のあるサブディレクト

文書:目的のディレクト

 

相対パス

カレントディレクトリを基準に、目的のファイルへの経路を指定する。

. ¥ .. ¥ data ¥ 文書

.      :カレントディレクト

..     :ルートディレクトリ(カレントディレクトリのあるディレクトリ)

data:「文書」のあるサブディレクト

文書:目的のディレクト

 

UNIX系OS

UNIX系OS

UNIXを起源とし、現在はサーバやワークステーションで広く利用されているOSの一群

 

BSD

米カリフォルニア大学バークレー校で開発されたUNIX系OSや、そこから派生した一連のUNIX系OS

 

Linux

UNIX互換だが、元のUNIXから独立して開発されたUNIX系OS

 

Solaris

サン・マイクロシステムズ社によるBSD系列のUNIX系OS